Groovyサンプルコード
第3 回G*ワークショップでの発表資料です


Twit: Twit.zip (87k)   第一引数を自分のTwitterにつぶやきます

GWitter: GWitter.zip (609k) 第一引数を自分のGoogle Calendarの現在の位置にイベントタイトルとしてつぶやきます

使い方
コードを解凍
setenv.bat で Jarのクラスパスを通す
GWitter.groovyに GMailの userid/passwordをセット
自分のGoogle calendar の今の時刻をブラウザで表示しておく
Gwitterの第一引数に、一言、英単語で何か与える(一単語で)
Google calendarをリロードすると、今のつぶやきが現在時刻に打たれます。
用途: ライフログ、時間の掛かるバッチの記録、カレンダーをそのまま公開してTwitter的に使う・・とか   



おすすめコードdownloadサイト

Programming Groovy
Groovy Recipe
network\SimpleWebServer.groovy単独でWebServerとして動きます、GETメソッドのみ対応


Groovy言語ハンズオン用の情報


Groovy本体の Downloadサイト   Groovy1.6.3 が現在の最新です。 OSに合ったGroovyをdownloadします
Groovy で頻出なコードの書き方のチートシート集   細かいcodingのテクニックです
Groovy Wiki (日本語)
GCRアーカイブのGroovy特 集3回     PDF集 多少マニアック

は じめてみようGroovy

補助資料(アク セス制限あり)



GAEのscriptlet ブラウザ上でgroovyが動きます




Twitter bot をGoogle App Engineで動かす為のパッケージ、
使い方は http://d.hatena.ne.jp/nemo_kaz/ を参照のこと。

TwitterBotGroovy1.zip (4.5M)




Twitterのハッシュタグを追跡するツール
詳しくはblog参照
HashTagChaser.jar